華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

300冊スタート(50)

1.やってのける

 「頑張らなくても体が勝手に動き出す」が副題です。頑張らなくて楽々目標達成なんて事は無いようです。世の中そんなに甘くない・・。もう時々仕事が嫌になって、そんな自分がちょっと困って、何とかやる気満々にならないか・・と思って読みました。

ダメですね。

 で、この内容とは全然関係ありませんが、私が思うやる気になる方法。まず健康だと思いました。ちょっと体調が悪いと、もう仕事どころではありませんので、とりあえず眠れる。美味しく食べられる。ギリギリまで働かない(追い詰めない)。そのくらいは基本的に確保しておかないと、次に進めない・・・というのが実感です。

 

やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

 

  いつも行く整体の先生に勧められて「森田真円」さんの本を取りました。それと「日本で老いて死ぬこと」という本もキンドルで買いました。これはちょっと暗そうですね。怖いもの見たさです。上野千鶴子さんが、「ほんの少しのお金があれば自宅で死ねる」というような事を書いていらして、そのほんの少しのお金が400万円くらいで、少しじゃないじゃんと思った事があります。介護保険適用以外を自己負担でヘルパーさんを頼むと良いという趣旨だったと思います。しかし、介護保険自己負担率2割とか言われる時代、とても無理な気がします。でも、誰もが死んでいくのですから、他人にできて自分にできないこともあるまいと空元気をだしています。空元気を出すにも健康が秘訣ですね。

スポンサードリンク