華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

思ったほどお金は使えない

 決算なので、帳簿を色々と見ている。しかし、何故かキャッシュの動きが悪い。去年の同日の現金預金残高を見てみる。去年と比べて今年は大凡700万円程度足りない。う~~ん、売り上げはほぼ去年並み。なぜお金が無い??保険料が300万円、去年は7月に払ったのが今年は6月の支払い。支払いが去年より200万くらい増えている。銀行の返済が3月から始まって、約200万円増。何となく計算は合う。しかし、キャッシュは無くて利益は出る。なにか釈然としない。単に私の気分だけれどね。毎日お金を動かしている私がそうなのだから、社長はもっと変だと思うよね。そう考えるとグッと凹む。その理由は、お金を動かしているのは私一人なので、胡乱な動きが有れば、それは私が何かしていると思うだろうなぁ・・と、勝手に妄想しているのだ。え~と、月々の銀行返済が170万円という事は、減価償却入れて税引き後利益で2040万円の利益が出ないとやっていけないという事だ。しかし、減価償却するほどのものが無い。一生懸命で約1000万円程度か。利益が多いと税金が多くなるので、減価償却後2000万円万くらいの数字が一番自然かなぁ。でも、これでは返済をするのに精いっぱいで、内部留保ができない。結局、できるだけ経費を切り詰めろという事に戻ってしまう。何故か、利益は出るのに切り詰めなければいけないのは矛盾している様で、すっと胸に落ちない。

 

結論としては、思ったほどお金は使えないという事だ。

 

 緊急避難の方法は一つある。運転資金を借り換える事だ。要するに自転車経営。そうすれば、利子分+アルファの範囲でも営業が可能だ。しかし、銀行の意向も気にしなくてはいけないし、面倒くさくて、鬱陶しい。

 

 

 

 さて、自分はと省みると、オリンピックまでは上がると踏んだ建設株が下がり続けている。コソコソとアンケートに2円だ、アドセンスで1円だと騒いでいるわりにお金を減らすのは簡単でびっくりである。

スポンサードリンク