華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

10億円当たったら・・・

ジャンボ宝くじの時期になると、我が家では空手形が飛び交う。

10億円当たったら・・

基本的には自分の生活は、もう少しのお金が有れば何とかなる。

でも、まずもっと便利な場所へ家を引っ越す(と姉は言っている)為に1億円。

1.甥に3LDK(単身赴任用)のマンションを買ってあげる。

 勿論内装は私の好きにして、1部屋は書斎、1部屋は私たちが行った時の部屋。

1部屋は彼の寝室。広めのリビング。ちょっと贅沢な家具、気持ちの良い部屋にする。

リビングのイメージは積水ハウスのコマーシャル。概算予算6000万円

2.甥の家族のマンション

 大切な甥を単身赴任させているので、概算予算5000万円しか出してあげない。

3.甥の生活支援

 食事の作り置きサービスというのがあるそうだ。それと、週2回くらいお掃除と買い物、洗濯をしてもらう。それに、電気代なども一括して落ちる口座に入金。1ヶ月10万円として、30年分概算3600万円

4.子供達の教育費

 子供達の教育費として、1人5000万円×2=10000万円

 これだけあれば留学もできるだろう。

5.甥の車

 レクサス新車1500万円

 

これで、26100万円。

 

6.シングルマザー用アパートの建設

 別にシングルファーザーでも良いのだが、1階に24時間の児童館と食堂を付設して、子供やお母さんがいつでも、明るくて暖かくて、美味しいものが食べられるが所が有り、お母さんは近くで仕事ができる共同オフィスも付設して、シングルマザーの人が自分で起業できるような環境と教育が与えてもらえる場所を作る。建物設備で3億円。維持費に1億円。奨学金制度も設けて、2億円。シングルマザーの人が自分で奨学金をもらいながらアパートに入居して、勉強しながら自分で自立できる力をつける。期限5年間。これからの私の仕事はこのアパートの管理と私設児童館、24時間食堂(いつでも暖かい食事ができる)の運営。なんてできたら良いな。そうだ、大学生も入居可能、部屋代は子ども達の家庭教師代と相殺なんてのも良いかもね。

7.後は遊ぶ

 残金3900万円は遊ぶ。温泉に行きたい。旅行に行きたい。それと内緒のへそくり。

 

と、いうことで見事10億円は使い切りました。という夢物語です。

お付き合いいただき有難うございました。

 

 

スポンサードリンク