華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

「マダムジュジュ」のこれだけ塗り

あちこちの雑誌で「マダムジュジュ」のこれだけ塗りが取り上げられている。

我が家でもマダムジュジュが定番となっているので、その使い心地をご報告してみたい。

◇ アレルギー体質でも使える

 なぜマダムジュジュになったかと言えば、姉がアレルギー体質で、殆どの化粧品はアレルギーが出てしまう。石鹸もベビー石鹸、それもビジョン以外は使えないという重症なのだ。その姉がマダムジュジュだけはかぶれないで使える。

◇ 香りが優しい

 ほんの少し香りが有る気もするが、殆ど香りは無い。それも使い易い一要因である。

◇ たっぷり使える

 「これだけ塗り」は顔が真っ白になるくらいたっぷり使う。そのままにしておくと、肌に浸み込むので、その後の洗顔などの手入れもせずに眠れるのが嬉しい。ともかくお安いので、あまり気にしないで使える。

 ちなみに、化粧水は「ハト麦化粧水」を使っている。イボ対策にハト麦エキスの薬を貰っているので、それなら、化粧水もハト麦が良いかなと思って使い始めた。さっぱりしていて、これも安いのでたっぷり使える。この上にマダムジュジュを塗り、これだけで1日が終わる。年を取ってくると、化粧品を使うのも面倒になってくる。

◇ 使いごこち

 使い心地はしっとりした感じで、肌が柔らかくなった気がする。姉は私の肌の肌理が以前に比べて整ってきたと評価してくれる。とりあえず、白塗りまではいかないが、ちょっとたっぷりと塗ると、手入れをした感があり、それだけでとりあえず満足して寝る。後は週に1回くらい「これだけ塗り」をする。

 時々車のバックミラーで自分の顔を見ると、細かいちりめん皺が頬に見える。あわてて「これだけ塗り」をすると、修正できる。いつまでそれが効くか年齢が不安ではあるが、今は特効薬になっている。

 マダムジュジュを使い始めて2年くらいになるが、実年齢プラス10歳くらいの見た目が、実年齢±2~3歳までになったという事は、これだけでは無いが、効果があったと思っている。

 

 

スポンサードリンク