華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

もう仕事、嫌だ!と思った時の3つの方法

 定年も近いことが関係しているのかもしれないが、最近は「もう仕事が嫌だ」と思う事が多い。

◇ ミスが多くなった

 まぁ、もともと絶対確実という性格では無いが、ミスが多くなった。別に皮肉を言われるわけでも、邪魔にする人がいるわけでもない。でも、自分に疲れてきてしまった。

 今日は銀行の出金が324円違った。振込手数料の計算を間違えたのだ。大した事では無いけれど、あ~あ~と疲れる。今の会社は手形も小切手も振り出していないけれど、とてもそれまで管理なんてできない気がする。とりあえず、銀行の返済とカードの引き落としだけ心配していれば、後は何とか動いていく。

◇ 嫌でもやらなくてはいけない仕事

 嫌だ。動けないと騒いでも仕事に出なければ給与は出ない。給与が出なければ生活ができない。と、なれば自分を騙しても仕事をしなくてはいけない。

 それで、何とか仕事に戻る自分なりの方法がある。とりあえず3つ。

◇ 濃いお茶を一杯と甘いものを一口

 とりあえず、視線を上にあげる。そして濃いお茶を一杯と甘いものを一口。私はマンゴー糖をもっぱら舐めている。本当は体のためには甘いものは禁断だが、心の平安の為には目を瞑っている。ゆっくりお茶を飲む間、手を揉む。

◇ 机から離れて体を動かす

 それでもダメなら机から離れて体を動かす。とりあえず掃除をする。何故かこの会社の女子は掃除をしない。だから、私が掃除をしないと全体的に埃が溜ってくる。まぁ、いろいろ言うより自分がやった方が早いので、掃除をしながら体を動かす。一挙両得。

だいたい、首筋が固くなると気分が落ち込むので、おかしい・・と思ったら肩甲骨と首の手入れをする。


書籍「首からユルめる!」アレキサンダーテクニック頭と首の最適化

私のお薦めはこちら。首の回り方が違います。

◇ 嬉しかったこと、楽しかったことを書き溜めておく。

 嬉しかった事、楽しかった事を書き貯めておく。それを読み直す。なんと阿保らしい!と言われるかもしれないが、読み直すだけで再体験が少々できるのだ。何となくその時の気持ちを思い出す。なぜか頭で思い出すだけではダメで、目で読まなくてはいけない。大概、もう仕事、嫌だと思っているときは、世界は私の敵で、不幸せな私とか思っているので、幸せで嬉しかった事を思い出して、そんな不幸じゃないじゃん。と確認する。

◇ 終わりは有ると確認して仕事をする

 ず~と眠りもしないで仕事をしろと言われているわけでも無いので、後、数時間、後このくらいと、区切って仕事を再開する。

 終わったら家に帰って、睡眠薬飲んでガーと眠るぞ!!と頑張る。

 とりあえず眠ると人生はリセットされる。今日の悩みはジ・エンドである。

スポンサードリンク