華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

300冊スタート(38)

1.横浜慕情(御宿かわせみ)

東吾が麻生家に行くと、花世がお琴を飛び越して飛びついてきた。

可愛いな。小さな子が育つのは本当に早い。そのわりに自分が老いるのは自覚が無いのだけれど。我が家のチビたちもあっという間に大きくなって、もうすぐ中学生になる。そうしたら赤ちゃんじゃなくて少女だわね。サクランボを送ったが、食べたかい?美味しかったよと元気な声で電話でも寄こせば良いのに・・おばあちゃん達は待っているよ。

スポンサードリンク