華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

幸せに生きるために必要な3つの事

この週末は「かわせみ」を読みふけっていた。その辺は300冊スタートで書くとして、幸せに生きるためには3つの事が必要だと実感した。

◇ 美味しい食事を食べる

  別にA5のステーキが食べたいとかのことではない。わりと我が家は食べ物の量が多い。そこに「蕨のお浸し」が出る。新鮮だったのかぬめりが有り、美味しい。ドンと一皿。トマト、大きなトマトをざく切りにしてお塩をかけて、これもドンと一皿。こごみを出し醤油で漬けたものもドンと一皿。ドンドンドンとお皿が並び、二人では多すぎない?と言いながら食べる。そこで読んでいたのが「かわせみ」丁度お昼の場面、カツオのお刺身、しんじょうのお椀、何とかの胡麻和え、あれこれで、さすが、旅館の設定だけあって美味しそうだ。我が家の食事も美味しい。そしたらなぜか淋しくなってきた。甥が単身赴任で先日サトウのご飯を送ってくれとメールが来た。少し美味しいものも送ってあげたかったのだが、何しろ冷蔵顔が無い。常温保存というものを送ったけれど、たいして美味しそうなものは無かった。毎日2時3時に帰宅するが、コンビニのお弁当は飽きたし、高いし・・とメールに書いてきた。確かにコンビニは結構高い。そんなに遅くまで一生懸命働いて、たいしたご飯も食べられず、なにか可哀想で切なくなってきた。贅沢でなくても良い。美味しいご飯を食べてほしいと切に願う。

 あ~~、お金が欲しいなぁ、2LDKくらいの暮らしやすいマンションと冷蔵庫にはチンすれば美味しく食べられるご飯。清潔なベット、果物がたっぷり。そのくらいな生活をさせてあげたい。

 

◇ 眠れること

 コーヒーを午後飲んだら眠れない。まぁ、それは理由がはっきりしていて良いのだが、体調が悪いとなかなか眠れない。眠れないと治らないの悪循環だ。眠れることに本当に幸福感を感じる。

 

◇ 一緒に食事をする相手がいる事

 そんなに友人が欲しいとも思わないのだが、食べるときに一緒に美味しいといってくれる相手が欲しい。彼氏はいらないが、食事相手は欲しい。もちろん割り勘で結構だ。なかなかね、機嫌が良くて、食事の趣味も合って、余裕もあって・・なんて相手はいないよね。いたら大事にしましょう。 

スポンサードリンク