華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

300冊スタート(28)

1.酸漿は殺しの口笛 (御宿かわせみ)

 何しろ四十数冊有るので読みでが有ります。相変わらず、東吾はデレデレしていて、ちょっと、ちょっと・・という感じです。

 

御宿かわせみ7酸漿(ほおずき)は殺しの口笛 (文春文庫)

御宿かわせみ7酸漿(ほおずき)は殺しの口笛 (文春文庫)

 

 病院の帰りに本屋に寄り、

三国志読本 (文春文庫)

を買って来ました。一時「宮城谷昌光」さんの本を読みふけった時期があります。そのわりに中身は全然覚えていませんが。宮部みゆきとの対談もあり、ちょっと期待してわくわくしています。

 最近目が疲れてね・・。沢山本が読めなくて悲しい・・。

スポンサードリンク