華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

日焼け・シミ対策に薬を飲む(トランサミン)

◇ 多分南方のDNAが入っているんだろう

 私の家族は日に焼けやすい。ほんのり小麦色だ。以前東京で勤めていて、ゴールデンウイークに帰省したら、会社の人に海へ行って来たの?と訊かれた。長野は紫外線が強いのだが、年中小麦色だ。10代、20代はそれでも良かったのだが、流石に60代で黒いのは田舎のお婆さんでしかない。

 

◇ 日に焼ける原因

 私は通勤、往復2時間。右側がしっかり紫外線を吸収してシミができてくる。いぼに変化してくるようで、何となく大きくなってくる気がしる。特に目の周りは汗をかくと、ブツブツが覿面に発生して、これが固くなってしまう

 

◇ レーザーも使ってみた

 レーザーでシミが取れるとのことで、試してみた。1回1万円くらいで、50か所くらいをレーザーを当てる。しかし、1回では薄くなったかもしれない・・という程度で、そのうえ、50か所くらいではすべてカバーできない。その上、痛い!! 丸い顔が四角くなってしまった(本人の気分)。お金も痛いが、熱をだしそうな痛さにギブアップ。それほど綺麗にはならなかった。なにしろ、途中でギブアップなので。

 

◇ ドライアイスで焼いてみた

 ドライアイスで焼いてもらった。レーザーほど痛くは無いが、薄くなった気はするがまったくシミが消えるわけではない。何かしたという程度。

 

◇ 皮膚科で処方箋を書いてもらう

 結局総合病院の皮膚科に通い始めた。先生は服薬を勧め、処方箋を出してくれた。ビタミンC,トランサミン250mg、ヨクイニン錠の3種類。ビタミンCは美白効果、トランサミンは肌の肌理を整え、ヨクイニンはイボを取る効果があるらしい。1ヶ月で2500円程度の費用がかかる。保険適用なので割と安い。つまり、美容でなくて、医療で対応できるほどひどいシミだったということだ。

 

◇ ほぼ2年間服薬した結果

 目の周りのイボは消えた。盛り上がって黒くなっていた頬っぺたのシミは平らになった。色は薄くはなったがやはりシミとして残っている。とりあえず、イボガエル(姉が私に言った)から、この年齢の平均的な肌容貌になったと思う。日焼け止めと化粧は必ずしなさいと病院の医師に言われ、日焼け止めを年中している。しかし、この時期から秋にかけ、顔の右側にイボやシミが増えてくる。

 もう薬を飲むのに疲れた。ヨクイニン錠は大きいので飲みにくいのだ。もう止め様かと毎日考える。定期健診が近づいているので医師に薬はいりませんと言おうか。(どれもたいした薬では無いと言われた。別に副作用とかは無いらしい)しかし、止めると次に処方箋を書いてもらうのが大変だ。そしてみるみる元に戻ると怖い。悩む所だ。

スポンサードリンク