華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

300冊スタート(7)

昨日は結構ヨレヨレとしていて読むというほどのことはなかった。

5.ナショナルジオグラフィック2012.12

  極楽鳥の特集をしています。極楽鳥の写真集も持っていますが、こちらの方が構図が良い。昔は良く極楽鳥のはく製を見ましたけれど、はく製というものが生理的に好きじゃないので、良い写真が欲しい。不思議に欲しい欲しいと思っていると、何処かから出てくるのですが、この本も極楽鳥の写真、写真と思っていたらでてきたものです。

6.世界の野生ネコ

  野生ネコの写真集。猫科なので、ライオンとかも載っていますが、私は「カラカル」と「マヌルネコ」の写真に見惚れています。「カラカル」はペットという感じではなくて野性的。ピンと立った耳が魅力的です。「マヌルネコ」はちょっとお坊さんの風情。

7.それでもこの世は悪くなかった

  佐藤愛子さんの93歳の語り下ろしです。普通に考えている私の一般常識とちょっと違って刺激的。西原理恵子さんも自分と違う世界が見えて面白い。目から鱗は落ちないけれど、ドライアイの目薬くらいの刺激にはなります。

 

美しき孤高のハンター世界の野生猫【新訂版】 (フォトブック)

美しき孤高のハンター世界の野生猫【新訂版】 (フォトブック)

 

 

 

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

 

 

 

スポンサードリンク