華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

ヤダヤダ・・

安曇野だより

 今日は寒くてびっくり。桜も葉桜になってしまいました。

 

ヤダヤダ!

◇ 今朝、4月の給与明細がおかしいと言われました。

  3月が昇給月なのですが、定期昇給は1000円/月とほんの僅か。でも、社長が様子を見ながら、人によっては5000~10000円の昇給をしています。3月の給与を見て、誰も何も言わないので、「明細を見ていないのかねぇ」と社長が言うので、「多分そうでしょう」と答えました。「じゃあ、言っておくか」と、特別昇給した2人に社長が話しました、その1人が、確かに3月は昇給していたけれど、4月は元に戻っていると言ってきました。

◇ 昇給は皆チャラ

 調べてみると、全員昇給前の基本給に戻っています。どうして???

分かんない!でも、多分登録のし忘れなんだろうな。全部登録を見直さなくちゃいけない。社長も怒らなかったし、別に誰も怒らないけど・・、凄く落ち込む。とっても落ち込む。定年後も仕事なんてできない!。もう本当にリタイアだ。失敗にもめげるけど、誰も何も言わないのは、私が怖いせい??だったらそれもショック。

◇ 銀行から電話

 うじうじしていると、「銀行から電話。4月24日に引き落としをしなくてはいけなかったのに、忘れました。今日引き落とししても良いですか?」

 え~、口座にお金が有れば良いですよ。と、言いつつ思ったこと。

 あ~良かった。間違えるのは私だけじゃないわ。銀行でさえミスするんだもの、私がミスするのは仕方が無いか。とりあえず、会社存亡の危機でなければ忘れるのが勝ちか。私の信用と価値は下がるが、会社の存亡というほどじゃない。私らしくない・・と思って忘れよう。仕事ができない・・と落ち込んでいても一文にもならない!失敗は成功の母、来年の昇給には間違えないように・・と、言っても来年の昇給時には私は退社している。役に立たない。

◇ 取りあえず、失敗は棚に上げ

 取りあえず失敗は棚に上げ、今差し迫っている仕事から手を付ける。落ち込んだってどうなるわけでもないしね。しかし・・、忘れる事や失敗は多くなった気がする。口だけが達者になる。と、またまたうじうじしそうな自分だが、棚上げ、棚上げとイメージを繰り返し仕事に戻る。ゴールデンウィークが待っているからその段取りをしておかなくちゃね。

スポンサードリンク