華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

小さなヨレヨレ

安曇野だより

 暖かくなってきた。ムズムズと出かけたくなってくる。産直市場も魅力的になってくる。雪中寒藍の看板が出ている。小谷村が有名で、キャベツ1玉2000円などという値段が付いていた。1/4のカットを買ってみた。甘くて美味しいが、所詮キャベツである。今年は白馬産という名札が付いている。白馬村でも作るんだ・・。

 

小さなヨレヨレ・・

 雪中寒藍の2000円で思い出したが、数年前嬬恋高原を通った時、道路沿いの農家で物凄く大きなキャベツを見かけた。あまりに実が入りすぎて、真ん中が裂けている。それはそれは立派なキャベツで、桃太郎ならぬキャベ太郎が産まれそうだった。若いご夫婦がやっている農場らしい。値段を訊くと1玉100円。あまりのお値打ち感とパリパリで美味しそうな風情に、甥の所に送ろうとすると、ご主人に止められた。重いのと大きいので、送り賃が高すぎるとのことだった。この時買ったトマトもトウモロコシも美味しかった。

 最近、体を痛める人が多い。週末に40代後半なのに、80過ぎのように腰をかがめて歩いてくる人がいる。どうしたの?と訊くと、重いものを持った途端に腰が痛くなったという。次の日、お見舞いと言って湿布をあげた。その湿布は私がお医者様から貰っているもので、よく効くが、飛び上がるほど冷たい。そうしたら、姉がお尻が痛いという。うん?お尻??実は、姉も肩に湿布を貼ろうとして、首と背中を捻った拍子にどこかをどうかしたらしい。お尻の方へいく神経に何かが触るのか・・・冬の間に体が堅くなってしまい、あちこちで不都合が連発する。

 私が背中にホカロンを貼ろうとして、首を痛めたホカロンショックは快癒した。整形外科の先生の「大丈夫治るよ」の言葉に励まされ、週一で通った甲斐が有った。それは嬉しいが、ちょっとしたことで、お金も時間も突然消えていく。

 そこで腰やら腕やら痛いという話になって、私も僕も・・と、お~い、何て年寄りの集団だろうと思う様な井戸端話に花が咲いた。今、肩の手術で入院している人は、4月復帰の予定だったが、手術の経過が悪く、2か月ほど復帰が送れる模様で、会社はてんやわんやである。誰も彼もが小さな障害を抱え始めた。

 会社では、私を筆頭に高齢化が進んでいるので、ハローワークに求人を出した。2か月、だれも応募してこない。初任給が安いかなぁ・・。概してこの会社は給与が安い。でも、田舎の会社なんてこんなもんだ。

スポンサードリンク