華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

すぐ読める・・今読める・・・

 今日は寒くって、部屋を出ると頭が痛い。ちょっと風邪気味な気がする。

昨日、突然ぐんと体が重くなった。今日は頭が痛い。危ない兆候だな。ちょっと暖かい日が続いたので油断したらしい。

 一昨日は午前中休んだのだが、その時、寄付のお願いの電話があったらしい。社長が受けたようだが、良く分からなかったらしくて、昨日は妙に拘る。でも、寄付のお願いの文書を見せて1万円の了解貰っていたのに・・・。なぜ寄付しなくてはいけないとか、多すぎるとか・・。確かにこの会社では金額はそれほどでは無いけれど、結構寄付依頼の件数は多い。お祭りの寄付、花火大会の寄付、開山式の寄付、マラソン大会の寄付。しかし、どれも得意先からの寄付のお願いだ。社長は時々非常に細かくなるので、ちょっとどうしようと思う。まぁ、多少ぐずぐず言われるだけで、どうということは無いのだが、定年後の後任の話とか、届け出等はいつ必要か書いておくようにとか言われて、ちょっとめげる。そうすると、気分は定年後の仕事を何とかしなくっちゃという焦りに向かっていく。昔はそんなこと、へでも無かったが、最近は再浮上するのに時間がかかる。何とも・・だ。

 帰りがけに友人に電話をする。来年の再就職をどうしようという話をしたかったのだが、彼女の話で終わった。なかなかだね。それでこのブログに愚痴を書くことになるのだが、正直それに助けられている。会社では愚痴を言えない。言ったらそく社長の耳に入るだろうし、家で話すと延々と非難される。でも、ちょっと喋りたいという欲求は抑えがたいのだ。

 それでめげて、「大金持ちになるDVD」を注文した。4月の始めに届くらしい。

結果は後1年くらい後の私のブログを見て頂ければわかるだろう。まぁ、ちょっと変な本を買ったという事か。

 昨日は帰り道でこれを買った。

黎明国花伝 茅舟の王女 (富士見L文庫)

1巻目のこれを読んで面白かったので2巻目に手を出してしまった。

黎明国花伝 星読の姉妹 (富士見L文庫)

 

1巻目では最終にとんでもびっくりな結末があり、それが、あはは・・ご都合の良い・・と思いながらハッピーエンドには頬が緩む。

キンドルでも出ています。すぐ読める・・、今読める・・。まぁ、何て便利な時代になったことでしょう。

 

スポンサードリンク