読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

お金の使い方

確定申告の届け出を午前中にやってきた。

結構混んでいたなぁ。ともかくやれやれだ。

そして、会社に行く途中でパンやさんに寄る。ずっと気になっていたが、朝はまだやっていない。実は今日寄れる事を目論んでいた。夕方も開店は6時まで。微妙な時間だ。

という事でようやく願いがかなった(と言うのはちょっと大げさだが・・)。

一番の目玉商品ですというパンはギッシリ無花果やレーズン、ナッツが入っている。

凄く美味しそう。そのうえ、切ってくれる。しかし、1個735円は高くないか?

美味しそうなパンが沢山有るけれど、どれも1個300円前後だ。なかなかなものだ。

目指せ!1食100円。なんてこのパン屋さんとは無縁の世界だ。

目玉商品のパンを1切れにサラダと目玉焼きとコーヒーかスープかな。これでも150円くらい。まぁ、こんな所かな。あ、玉ねぎのチンも美味しい。

あれもこれも美味しいものを食べたいが、う~ん、なかなか食べられる量は少ない。

税務署に寄るため、午前中はゆっくりしていた。そしたらTVで左官の「久住有生」氏の放映をしていた。44歳で世界を相手に仕事をしている。祖父からの左官業で3歳から鏝を持っていたという。44歳なんて、なんて若いのだろう。通勤途中で聴いた半七捕り物張で「40過ぎの大年増の女隠居」という言葉にも反応する。まったく40で隠居なんて・・大変だわと思う。

 

1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」

 

この本、読み始めました。

ここに「親の面倒を見ようとしたら運が良くなった」と書いてある。

叔母さん面倒を見ようと思ったら運が良くなるかなぁ。しかし、どうしたら良いのだろう。お金には限りが有るしなぁ。曽野綾子さんが「一緒に座って、花を眺め、話をきくのだけでも親孝行です」と書いていたが、今の問題はお金だしね。

すごく簡単に言うと、735円のパンを食べずに1斤100円の食パンを食べ、635円を甥の子供達の文房具を買ってあげるか、おばさんにお惣菜の差し入れをしてあげるかという問題だ。

お金、欲しいな・・。

 

スポンサードリンク