華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

仕事を続けられる2年間を一生懸命暮らそう

雪が降り続いていて、外に出る気にならない。それだけではなく、何となく仕事が手に着かない。大寒波が来ているという。

 

先日、定年後の年金生活について書いているうちに、物凄く不安になってきた。

偶然、社労士の先生が来て、年金の話となり、比例報酬部分だけで年間120万円取る人は少ないという話となった。基礎年金も含め、200万円を超える年金は少ないという事らしい。皆さん良くやっているよねと益々関心する。家賃か住宅ローンか払いながら、3ナンバーの車に乗って、洋服もそこそこのものを着てご立派としか感想は出ない。何をどうすれば良いのか・・・。

物が溢れている中で、自分だけ手に入らないと思うのはなかなかに辛いものが有る。

大凡の目安がつかないと、先に気分が進まない。

 

会社で、15万円の車を買うので、5万円貸してくれと言われた。

う~ん、5万円無いのか??先日は怪我で休んでいる人が娘名義の積み立てを崩してくれと言ってきた。12万円程度のお金だ。う~~ん、娘名義のお金を崩さなくてはいけないほど貯金が無いのかな。

貯金が無くて不安じゃないのかな。例え1000円でも、2000円でも残そうと思わないのかな。まぁ、私はそうして貯めたお金を雀(燕じゃなくて雀、甥の事です)にセッセと貢いでしまう。挙句の果てに定年後の生活費が無いと頭を抱えている。

馬鹿だったらありゃしない。他人の事など言えようか・・。

 

来年の1月には定年。次の1年は再雇用でフルタイム勤務、しかし給与は半分以下になる。それでも66歳は暮らせる。67歳からが問題だ。75歳からは個人年金が10年間有るので、それで何とかしたい。86迄生きてしまったら困るけれど、その頃は車も持たないし、保険も終わっているし、何とか年金だけで暮らせないだろうかと思っている。問題は62歳から74歳の8年間が問題だ。

外を歩くと、コンビニの張り紙やよく行くお銭湯の厨房の張り紙に目が行ってしまう。

コンビニも67歳じゃ雇ってくれないよね。と思う。

 

今考えられる方法は2つ。

1.今いる会社に67歳以降もパートとして日数を減らして勤める。

  1年くらいはできるかもしれない。でも、通勤が遠いしなぁ。

2.クラウドソーシングで仕事を探す。

  経験なし、特技無しだとこれといったものが無い。

 

ここで突然開き直りの神が下りてきて「まだ後2年あるじゃん。これから探そう!」という気分になった。このセリフ、何年言っている事やら。

とりあえず、仕事を続けられるこの2年間を一生懸命に暮らそう。という結論となりました。

 

スポンサードリンク