読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

世の憂さを忘れて異界に遊ぶ

さて、冬眠前の熊は相変わらずの食欲の鬼。今はミカンとチョコレートをパクパクだ。

季節なのかやはりミカンは美味しい。それも小振りのミカン。

Audibleで

バッテリーセット(全6巻)

 

3巻目まで終わった。1からまた聞きはじめる。会社について聴くのを止めるのが切ない。kindleで4,5,6と3巻を買う。クリスマスプレゼントだ。

どのくらい自分にクリスマスプレゼントをすれば気がすむのだと一人笑う。

まぁ、煙草も吸わず、お酒も飲まず、夜な夜なスナックにも徘徊していないのだから、そのくらい我慢してもらおう。

 

「あさのあつこ」の才能にクラクラする。

 

今日は以前から時々登場していたクレーマーおばさんが、また電話をしてきた。

いろいろ対応を考えていたのだが、結局土壇場で皆忘れてしまった。

お金を払ってもらえなければ、次の仕事はできませんと言うと、「ろくな仕事もしないでひどい!」と怒っていた。(私の)声が悪い、態度が悪い、上司を出せとお怒りであった。上司は目の前にいたけれど、出しても同じことなので出張中ですと答えた。

さらに今日は源泉徴収の支払調書を出そうとすると、用紙のサイズが変わりプリンターが動かない。それで給与計算プログラムの所に電話すると、用紙のサイズをプリンター側から設定しないといけないので、そちらでやって下さいという。うちの範囲じゃありませんとのお答え。え~、どうやるんだい。全部設定で、年間管理料も払っているじゃないか。と思う。去年は教えてくれたよ~と思うが、電話口の人は相手にならなそうだ。何となく、気短によくわからない事はそっちでやれという雰囲気だ。世間の人は本当に偉い。こんな世界を乗り切っているんだから。65歳にもなって、皆バンバンコンピューターを使いこなせているのかな。

仕方が無いから導入した時の営業さんに電話する。

そしたらやっぱり直してくれるという。有り難山の狸さんだ。ばぁさんの相手もちゃんとしてくれる相手じゃなきゃ困っちゃう。

と、生きている上のトラブルはあれこれ有るのだが、今は取りあえず、早く帰ってバッテリーを読みたい。色々全部チャラにして、バッテリーを読みたい。

スポンサードリンク