読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

ビックリ!新事実

今日は久しぶりの青空。

ちょっと心が躍る。

 

会社に出ると、窓口に70過ぎのおばぁちゃん(私に言われたくない!と言うか・・)が来て言う事には・・

「通れないので何とかして欲しい」

うん??

うちの会社の敷地に他人が通る道路なんて無いけれど??

「一緒に見てみますね。何かご迷惑かけていたんでしょうか?申し訳ありませんねぇ・・」と言いながら、どこでしょう?とついていく。

さらに、「土を入れてくれれば、私が畑に使うのに・・・」とも言う。

さらに訳が分からん・・と思いつつ、ついていく。道々話すには・・

「今まで私が管理していた。前の事務員さんは年に日本酒1本持ってきた。退職してから挨拶も無い・・」

う、う、うん??他人が管理している土地なんてあったかしら。とさらについていくと、車庫の裏側に2坪ほど空いている場所があった。

しかし・・隣の土地から1mほど低くなっており、さらに柵がついている。

確かに草が茂った跡があるけど、もう殆ど枯れてきている。

これで騒がれるなら、会社の敷地は草ボーボーだわと心で思う。

わざわざぐるっと回って、ここまで入ってきていたのか・・、このおばぁちゃんは・・

ここは他人の土地だよ。私が管理しているって、いつ誰が頼んだんだ??

「蛇が出そうだ。猫がここに入って草の実を付けてくる。なんだらこうだら・・」

年寄りと、ましてや近所と喧嘩してもしょうがないので「草刈りしますね」と言って別れた。

事務所に戻ると社長がいて、これこれと説明すると「他人の土地に大きなお世話だ。猫は他人の土地に入れないように気を付けろ」と大いに怒る。

今回もそうだけれど、時々びっくりすることはある。

会社の敷地をここは道路だと言われて。え!と驚く。

隣近所なので、通っていても目くじら立てずにいたけれど、そこは道路じゃありません。会社の構内です。

まぁ、いろいろで、退職した事務員さんも一言引き継いでおいてくれれば良いのに・・と思ってしまう。

来年からは除草剤撒くから良いけれど。

このおばぁちゃんの事を他の事務員さん達に聞いても、なにも知りませんという。

退職した彼女は、ほんのちょっと小意地が悪くて、ちょっと教えない、ちょっと人を試すという事が多かった。

彼女の退職時に送別会の用意をして、花束を用意したけれど、私自身はちゃんちゃら可笑しいという気分だった。

年上の小意地の悪い人がいなくなってセイセイした。というのが本音。

あっ、ちょっと私も小意地が悪い女だ。

スポンサードリンク