読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

低気圧は体に響く

台風はそれほどの被害をもたらさず通り過ぎってくれたが、低気圧は居残って微妙に体調が悪い。

年を取ったという事かなぁと思いながら、微かな頭痛と気持ち悪さ、やる気の無さに閉口している。

私だけでも無く、ぎっくり腰の人とかも出ている。

何でかしら・・と思うと、低気圧で血管が膨張して三叉神経が圧迫されての頭痛、低血圧によるめまい、だるさ、むくみなどらしい。

私は石を拾うのが好きなのだが、1年ほど前に拾った石を故宮博物院の肉形石に見立てて喜んでいたのだが、この石が微妙に丸くて踏むと非常に気持ち良い。

足の裏は心臓のポンプというくらいなので、低気圧の時は特に良いかもしれない。

手の開閉を50~100回やるのも良いらしい。

 

そろそろ月末にかかってきて、資金繰りをざっとやると、まぁ何とかなりそうでホッとする。今月の社会保険料も年金事務所から届く。そこに「被扶養認定における兄姉の同居要件が廃止されます」という項目があった。弟妹は同居が必要では無かったのに、兄姉は同居が要件となっていたらしい。いままで年上が年下を養うという常識だったのだと知る。勤め始めた時、同じ新規入社でも会社の給料が男女の差とか、年齢・家庭の有無で変わる事がとても不満であった。30代前半で新規の職場で同じ無経験なのに、家庭のある男性だからと給与が高いのは変じゃない!と思っていた。

しかし、今になると、いくつになっても新人は新人の給与で、例えば50代再就職の家族持ちでも20代前半の生意気な女の子と同じ給与というのは大変だなと思う。

同一労働同一賃金というのはそういう事だろう。

 

スポンサードリンク