華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

夏を乗り切る方法

お盆も過ぎたというのに、今日は雨模様で締め切っているためか蒸し暑い。

この辺はお盆過ぎは涼風がたつのだが、今年は何故か暑い・・・。

こんな日は何も手に付かない。

少しは真面目な本も買ってあるけれど、どうしても読みたいのは時代物。

だいたい、何がイライラするといって、本屋さんに入って買いたいものが見つからない時が一番悔しい。

でも、読む本が無いわけじゃない。

キンドルには何冊か入っている。昨日本屋さんでは「とんでもなく役に立つ数学」を買った。

でも、どれも読む元気が出ない。

だって、暑いんだもの。

脳みそだって溶けているんじゃないかしら。

つまんない。

面白い本が読みたいよ~と泣いている私の前に

あきない世傳金と銀 2(早瀬篇) (ハルキ文庫 た 19-16 時代小説文庫)

 

著者の高田郁は「澪つくし」のシリーズを書いていて、ひたむきな女を書くのが上手い。

この本の1を読んでいたので、喜んで2を買う。

さぁ・・、今日は早く帰って読もう。

スポンサードリンク