華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

セクハラとケチの相関性

長野県では某有名寺院の貫主のセクハラが話題となっている。

82歳の貫主が60代女性にセクハラしたという。

まったく、長寿社会になったと思う。

何たって82歳!!

63歳でも青息吐息なのにお元気なことだ。

スーパーカーを凄い勢いで運転しているそうだ。

でも、お金に不自由はしていないのだから、身近な60過ぎの女性に、それも嫌がっている相手にちょっかいを出さなくても良いじゃないかとつくづく思う。

要するにケチなんじゃないかしら。

 

中年(??)老年(??)の女性にもてるのなんて、すごく簡単だ。

いつも機嫌が良くて、時々注目してくれて、優しい言葉をかけてくれて(元気かい?はOKだけど、一人で寝るのは淋しかないか?はセクハラです)、時々美味しいものをご馳走してくれる。好意は示すが手は出さないが最高だと思う。

 

思い起こせば30年ほど前、私も「一人で淋しかないか・・」とか何とか言われて、腹が立ったので、親と暮らしているし「別に不自由はしていない・・」と言ったら、同年齢の男性に「そういう物言いは誤解を招く・・」とコンコンと説教された。

スポンサードリンク