華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

楽しい事はそっとやる

今日は久しぶりに青空が見える。

そんなに暑くもなく過ごしやすい日だ。

北アルプスの雪渓も殆ど消えた。

 

そろそろ地物のトマトが出てきているので、昼休みに産直市場に行ってみる。

ミニトマトが欲しかったのだが、大きなトマトしか出ていなかった。

大きいけれど1個130円。そんなに安くはないかな。

地物の新玉ねぎが1袋100円で出ていた。

小ぶりの新玉ねぎが15くらい入っていた。

丸ごとレンジ蒸しをしようと思う。

 

木・金とバス旅行でメロン狩りに出かけた。

取ったメロンを食べるのかと思ったが、1個だけ好みのメロンを切ってお土産にして良いというもので、別会場で用意されたメロンを食べるというものだった。

途中でお土産屋さんで売っていた黄色いメロン(うり系)が1個500円で、帰って自宅で食べたら、とても美味しかった。

もう少し買って来れば良かったと思う。

果物は切ってみないとわからないので、その辺がちょっと賭け。

人生はあれもこれも賭けな所があって、わざわざお金を使わなくてもスリリングだ。

(と、言う程の事はしていないが・・・)

行った場所は渥美半島で、山国育ちの私はやはり海は珍しい。

生えている木々も、北国とは違う気がする。

日常にどっぷり浸かっていれば、それはそれで何も思わないのだが、やはり海など見ると心が躍る。

ツアーは女性が4分の3ほど、それも熟女以上。

年寄りは云々と言われるわけだと、自分を棚に上げて思う。

バスで後ろの席にいた女性グループが、老い先短いから遊べるときに遊ばないと・・と言っていた。

麻生財務大臣が「いつまで生きるつもりだ・・」と言ったそうだが、私も「いつまで遊ぶつもりだ・・」と非難されそうだ。

だから、楽しい事はそっとやることにしている。

 

 

スポンサードリンク