読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

あっという間に24巻

彩雲国秘抄 骸骨を乞う (上) (角川文庫)

 

この本を読んだら、前の巻も読みたくなって、全24巻読んでしまった。

それに夢中で後は何も手につかない・・・。

問題は4巻以降はビーンズ文庫で、いかにも中学生くらいの子供が喜びそうな表紙。

60過ぎのおばさんが読んでいるにはちと恥ずかしい。

ちょっと読みでが有りました。

実は再度に手をだしそうです。

最終回はちと急ぎすぎ・・。

彩雲国国王紫劉輝(し りゅうき)の近侍、茈静蘭(し せいらん)藍楸瑛(らん しゅうえい) はいつ死んだのかしら。

どうして死んだのかしら。

彼らは誰と結婚したの?

国王劉輝は美貌で才能があるけれど、ちっともカッコ良く無い。

疲れ果てて、うろうろと後悔をして、涙にくれながら、でもまた歩き始める。

でもね、やはり真面目にひたむきに務める事は大切と思います。

おおよそ30年間の物語です。

あっという間ですね。

 

私の勤めている会社はほとんど残業などない。

私の所に良く話にくる男性が、勤務後にアルバイトを始めた。

ダブルワークなんて若いうちにしかできないし、良いのじゃないと私も勧めた。

その職場が彼に合っていたらしく、職場の様子を話しに来る。

みんな良い人で、責任感があって、助け合う態度が気持ちが良くて素晴らしいという。

なぜか聞いている私の機嫌が悪くなる。

彼の言い方が(私の勤めている会社)に比べてアルバイトに行っている会社の素晴らしさを延々という。

そんなに良ければ、そこの会社に行けば良いじゃんと思う。

この会社では、彼はどちらかといえば1匹狼で、助けてもらう気も無ければ、誰の手助けもしない。

それが、(アルバイト先では)いつもサポートする体制が気持ち良い?

アルバイトの日程に合わせて、アルバイト休まないように会社の有給取って遊びに行く。まぁ、有給だから休んで良いけれども、あからさまにアルバイトを大切にされるとちょっとむっとする。

私にしてみれば、多少個性的な彼がこの会社で勤まっているのは、この会社(本業の方ね)のおおらかで偉いところだと思うけど、有難さがわかっていないんだろうね。

月に1度の部門会議の朝、「雪が降っているから休みます」と言ってきてなんとも思わない人だものね。

せめて、熱がでて動けないくらい言いなよ。と思う。

他の人はお休み取ってあっても会議にだけ出てきているんだよね。

 

と、書いているうち、その人が嫌になってきた。

 

5時までが仕事だけれど、4時半ころには帰ってきて、私に机の横でたむろしている。

そんな暇があれば、他の人の手伝いでもしなよと思う。

休日の急な顧客の呼び出しも部長が出てカバーしてくれている。

わかっているのかなぁ。

 

会社の人は家族と思おう。できる手伝いはしよう。

そう思っていたけれど、基本条件は一生懸命に会社に勤めている事。

会社が嫌いな人は好きじゃない。

 

もちろんね、大会社じゃないし、給与だってそこそこ、福祉だってそこそこ。

でも田舎でね、有給、社会保険あり、残業なしの会社に勤めるのは結構幸運なんだ。

ノルマも無いし、会社負担で資格も取らせてくれるし、罵詈雑言も無い。

本業も大事にしなくちゃいけないよね。

スポンサードリンク