華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

強い女(人)が好き

最近読んだ本では

 

 

 

 

ふたり女房: 京都鷹ヶ峰御薬園日録 (徳間時代小説文庫)

師走の扶持: 京都鷹ヶ峰御薬園日録 (文芸書)

 

が面白くて、一気に読んでしまった。

主人公の真葛は京都鷹が峰御薬園に父親の伝手で預けられた少女だった。

薬種の栽培と調合には男顔負けの腕を持っている。

私が彼女に魅かれる理由は、脇目もふらず御薬園の管理に夢中なその姿である。

女盛りではあるが、女という事に甘えず採取もするし、調剤もする。

迷いのないひたむきさだ。

私はわりと強い女が好きらしい。

 

 

スポンサードリンク