読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

人生はギャンブル

 

昨日、南直哉師が「生きること」に賽を振った。と書いたが、人生は誠にギャンブルだ。
年を取ってきて、老後という文字や、下流老人という言葉に胸を痛め、できるだけ生活費を切り詰めようとか、少しでも貯金をしようとか考える先から、北朝鮮の水爆実験のニュースが流れる。
つましく暮らそうと思うけれど、チマチマ100円、200円を倹約してもハイパーインフレになったら・・、戦争が起きたら・・等々先の事はわからないとも思う。
だからといって、宵越しの金はもたねぇと啖呵をきるつもりもないが。
これだって、実はひとつのギャンブル。予測はしても未来はわからないんだから。

会社では、新しい仕事に設備投資をするという。5年は現業から資金を入れていく。
現業が減少しているから、新事業に参入しようと試みるのだが、5年無事に越せるかドキドキだ。
まぁ、勝ち率の高い賭けではあるが、それでもやはりちょっとドキドキする。

そんな中、現業に絡んで新しい仕事のオファーがあった。
20年私が若ければ・・、資金があれば・・喉から手が出てきそうだが、決断するのは社長だ。
この賭けにチップを置いても、ルーレットが止まるまで私がここにいるわけではないのでただ見ているだけ。

できるだけ予測をたて、2段、3段に次善の策を用意しても、外れる時は外れる。
気の小さい私は、結構人生にドキドキしているのだ。
お金を使わずスリルとサスペンスが味わえ、ギャンブルにも溺れずに済む。
実はとても安上がりな私なんだろうか。

初売りでリュックを買ったので、ファスナーが壊れてしまった古いリュックを捨てようと思いつつ未練がある。
断舎離の世界とは遠い私だ。
そこで、チャックの代わりにスナップを付けようと思いついた。
ところが針に糸が通らない。
手芸やさんで見つけたこれを買う。

 

Clover デスクスレダー (卓上型糸通し器) ピンク 10-518

Clover デスクスレダー (卓上型糸通し器) ピンク 10-518

 

 なかなか優れものだ。
一発で糸が通った。これだって試してみるまでちょっとギャンブル。

 

話を戻して南直哉師について。
彼は輪廻について、前世があってもその記憶が無いなら無いと同じだ。来世があってもそれがわからないなら無用だと考える。
私は時々、特定の人に意地悪とかされると、前世でよほどこの人の恨みを買ったのかしらと思ったりする。
彼は輪廻が無いとは言わないが有るとも言わない。
無記。
つまり何も答えずという事らしい。
しかし、今現在、ここでこの瞬間生きるという事にわからない輪廻は必要かと問いかける。
今生きるこの苦しみを輪廻や前世に逃げるなと言っている。

また買ってしまった。

 

禅とハードル

禅とハードル

 

 

 

 

スポンサードリンク