華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

赤字の穴埋め

11月12月は大赤字だ。
今までの使い過ぎも合わせ、今年は私の通帳が殆どカラになる予定だ。
また、一から仕切り直し。
借金をしたわけでは無し、働いているんだし、何とかなるさ。

 

11月は親戚の法事があった。
貰う時は有り難いが、義理を返すときは結構大変。
一番の大きな出費は、今月いっぱいで会社を辞める人に包んだ御餞別である。
だいたいが、今晩のご飯が用意できないという状況で、来月は食べれても、再来月の状況はままならないと思った。
それで、つい、持っているお金を渡しちゃったんだ。
このような時に、なぜか持っているんだよね。
それも、包んだ金額は5万円。身の程知らずも甚だしい。

それで労基に駆け込まれたんじゃ、どうしようもないなぁ・・。

 

こんな時、私は何を考えているか。

私はとりあえず食べられる。
これは将来の事ではなく、今現在のこと。
姉の家にいるので、家にあるものは何でも食べられる。
お昼もお弁当を持って行かれる。
とりあえず、今日明日の食べる事には困らない、生きていける。
だから、御餞別として持っているお金を殆ど渡してしまった。ふ~。

 

周り廻って、甥達も何処かで、誰かに助けてもらっているかもしれない。
私もいろんな人に助けられた。
困っている時、上の姉にもらった5万円の助かったこと!
大事な甥達も、何処かで、誰かに助けられるかもしれない。

でも、本当は直接に甥達に使った方が効果的だった。
もうすぐクリスマス、その後はお年玉、使おうと思えばいくらでも使える。

この赤字の穴埋めをどうするか?
穴埋めなんてできない。
だって埋める土(お金)が無いんだもん。

 

 

 

スポンサードリンク