華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

年齢の壁

職を探すという事

良く見るブログで求職中の人がいる。
40代、地方、独身。
仕事が出来そうな、誠実なしっかりした感じの女性。
アドバイスできることは何もない。
ただハラハラと見ているだけ・・。

しかし、40代の壁がこのように厚いのなら、60代後半の壁はどんなだろうか・・。

 

物忘れ・・

姉が車と家の鍵を置き忘れた。
家に入っているのだから、多分家の中にあると思うのだが見つからない。
認知症の初期かしらと嘆くこと嘆くこと・・。

会社ではお客様に口座振替のお願いをしているのだが、今日は書類を送っているのに口座振替になっていないとお叱りの電話。
でも、会社には届いていないが7月の○日に投函したと言い張る。
お間違いはないでしょうか?というと「私が悪いって言いうの!」と火に油を注いでしまった。
無理な事を承知で郵便局に問い合わせる。
そんな、郵便やさんだって、7月頃に届けた郵便の宛名を覚えている程、暇でも僻地でもないわよね。
当然、わかりませんとおっしゃる。ごもっとも。
「個人情報を何と考えているの!」と怒っているけど、届いていません。
何て言ったら良いのでしょう・・・。
最近、そんなお客様が多いんだよね。私は言っていないとか、頼んでいないとか・・。
これって、高齢化の影響・・。
ちょっと違うけれど、認知症で一人暮らしという話も聞く。
先日は近所の94歳で一人暮らしのおばぁちゃんが、宅急便の不在通知を持って、どうして良いかわからないと言ってきた。
生きていくための年齢の壁は厚いよね。

 

昨日幸せだと感じたこと

1.帰ったら葡萄が届いていた
  帰ったら姉の友人から葡萄が届いていた。沢山。
  嬉しい。
2.会社でケーキをご馳走してもらった
  3時のお茶にケーキをご馳走してもらった。
  自分では買えない(?)。
3.旅行の準備ができた
  大凡の道路を確認。
  温泉に行く気分になってきた。
  
 

昨日の出費

    ・967円(本代)
 

昨日の老後資金(28ヵ月で285万円を貯めるのが目標)

   ・25347円(流動費残)

   ・55622円(慶弔予備費)

スポンサードリンク