華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

永遠さえ感じた夜

 

「best ballad」第8曲目。

大概「逢いたい」を朝かけて、気が付くとこの「永遠さえ感じた夜」になっている。

しまった!良い所を聴きそびれたと思うのだが、この曲も良い。

星とか月というフレーズが好きな私には、

星降る夜にくちづけた・・。なんて、ロマンチックで60歳すぎたおばぁさんが感動するセリフではないが、う~~ん、素敵。と思うんです。

この作詞も聖子ちゃんがしていますが・・・。これは相手のいる人との恋だろうか???

実生活と重ねてはいけないけれど・・、ちょっと憶測をしてしまいます。

この出だしの星降る夜のくちづけと、月のしずくが濡らす頬が特に素敵ですよ。

 

 

スポンサードリンク